FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム旅行☆1日目


予定通りのフライトで、家族5人で関空からベトナムハノイに向けて出発したいわな家。

 約5時間の空の旅でしたが、子どもたちも割とおとなしくしてくれていて、無事に 昼過ぎにハノイ国際空港に到着しました。

予約しているホテルに送迎を依頼済みなので、ドライバーが迎えにきてくれることになっているのですが、到着ゲートには私たちの名前のカードを持っている人が見あたりません。。。唯一、予約したホテル名のカードを持っているお兄さんを見つけましたが、お客さんの名前が「SMAILING」となっているから他人のようです。

しかし、待てど暮らせど他には迎えの人が現れないし、ホテル名のカードを持ったその人はお客さんが現れずキョロキョロしているので、もしや?と思い声をかけてみました。「スマイリング」という名前ではないけれど、そのホテルの予約をしてドライバーを頼んだことを伝えると、ホテルに電話してみてくれました。しかし、なんだかやりとりでも要領を得ないかんじで・・・。でも、やっぱりこの「スマイリング」が私たちのことらしいのです。どうしてそんな行き違いが発生したのかまったく謎なんですけど~。とりあえず、その人の車でホテルまで送ってもらったのですが、最悪なことに揺れる車内で気分が悪くなったにこちゃんが「きもちわるい~」と言い出した!!

以前、車に酔って吐いたことのあるにこちゃん。これはやばい!!と慌ててビニール袋を用意し、なんとか車内を汚さずに済んだのでした~。

しょっぱなから、こんなスタートでいいのか!?笑



ホテルに着いたのが午後4時前。さっそくハノイの旧市街をぶらつきながら、今夜のチケットを買いに水上人形劇の劇場に向かいました。


021.jpg

↑水上人形劇の劇場。

今では鑑賞するお客さんのほとんどが外国人観光客だという水上人形劇。観光客でけっこう混んでいて、残りわずかだった夕方5時の上演チケットをなんとかゲットできました。ゲットした後方席は1人60000ドン(230円くらい)で、写真撮影するにはさらに20000ドン(80円くらい)かかります。

上演まで少し時間があったので、すぐ近くで売っていた椰子の実ジュース(1個25000ドン=100円くらい)を買ってみんなで飲んだり、屋台の食べ物を食べて楽しみました。



007.jpg

009.jpg


屋台・・・というか、道端の小さなテーブルの上に並ぶ調味料を見て、いわながふと立ち止まり、「ここで孵化しかけのアヒルのゆで卵を売っているはず」というではありませんか。これは「ホビロン」というベトナムの珍味らしく、あまりにもヒヨコになりすぎているとちょっとグロテスクだけれど、味はおいしいというのです。半孵化状態のゆで卵・・・挑戦しちゃう・・・?

テーブルの横にいたおばちゃんにつたないベトナム語で話しかけ、何やらへんな鳥になりきったジェスチャーを交えながらそのゆで卵がほしいと説明するいわな。やがておばちゃんがうなずき、なにやら用意を始めてくれました。子供たちはテーブルの周りの小さなプラスチックの椅子に座って、とにかく何でも食べるよ!という体制です。苦笑

そしておばちゃんが何か葉っぱのようなものに包まれたモノを1個出してきて、むき始めました。

あれれ?中からはおこわのようなモノが出てきます。子供たちは「いただきます~!」と早速3人でスプーンを手にそれを食べ始めましたが、どう見てもこれはゆで卵ではありません。

「あれ?なんかおこわがでてきた。」と苦笑いするいわな。
あかんやん!全然言いたいこと通じてないし!!(笑)
鳥のジェスチャーまでやっていたいわなの苦労は一体・・・。(ちなみに、鳥のジェスチャーで何を伝えようとしたのか聞いてみると、「あまりにもヒヨコになりすぎているのはやめてくれ」と伝えていたそうです。)


016.jpg


とりあえずその後もう一度説明し直し、ちゃんとゆで卵も出してもらえました。一口ゆで卵を食べてみましたが、私はやっぱりちょっと血のような味がしてそれ以上は無理でした~。

018.jpg
 
↑手前の器の中に入っているのが、孵化しかけたアヒルのゆで卵。

子供たちは、それがヒヨコになりかかっているとは分かっていないので、バクバクと先を争ってたべ、おばちゃんにオコワも食べさせてもらったりしていました。笑



ベトナムでは、とにかくたくさんのバイクが行き交っています。

005.jpg


でも、すぐに私たちはどんな大通りも上手に横断するコツをつかみました。左右を見ながらとにかくゆっくり歩けば、バイクの方がよけてくれるのです。それを分からずに慌てて走ったりするもんだから、外国人はバイクとぶつかったりしてしまうのだとか。

006.jpg


いわなのアドバイスで、外では常に子どもたちと手をつないで家族5人のご一行様で堂々と道を横断できるようになった私たちでした。


旧市街には何カ所にも手彫りのはんこやさんがありました。

015.jpg


文字を入れなかったら50000ドン(200円くらい)、文字入りで80000ドン(320円くらい)。私は年賀状用に干支のスタンプを買いました。


そして、いよいよ水上人形劇を観劇。
水面を舞台として人形たちが動いているので、一体どうやって操作しているのかな?と思ったら、水中ではなく劇団員たちが水面の舞台裏で人形を動かしているのだそうです。何世紀にも渡って継承されているこの水上人形劇、音楽は生演奏で台詞は全てベトナム語。

023.jpg


3分ほどの小話が17話ほど上演されるのですが、水牛が出てきたり、稲作の様子があったりとベトナムの文化や生活が織り込まれた話で楽しめました。

024.jpg


子供たちは。。。後方座席ということで舞台が見えにくかったのもあり、最後は退屈していたかな?




029.jpg

↑ライトアップされたホアンキエム湖。

そして、夕食はハノイで仕事をしているいわなの知人の日本人の方と一緒にレストランでおいしくいただきました。しかし、その頃は現地時間で午後8時半。日本では午後10時半ということで、子供たちはすっかり眠くなり、ちょっと後半ご機嫌斜めでグズグズでした。いっちゃんなんて、レストランの席で寝始めてしまい・・・慌ててタクシーでホテルに戻り、1日目が終了したのでした。

| 続☆しかのにっきホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shikano.blog62.fc2.com/tb.php/655-a732dfcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。