FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム旅行☆3日目


ベトナム3日目の今日はハノイ最終日☆
ホテルで朝食を食べた後、あまりぶらついていなかった一帯まで散歩に出かけました。よく考えたらガイドブックに載ってるホーチミン廟や旧ハノイ城跡のタンロン遺跡などの観光名所には全く行ってないなぁ。まぁ、ロ―カル密着型のいわな家らしい旅、ということで
子ども達も嫌がらず歩いてくれ、市劇場(オペラハウス)までやってきたので記念にパチリ。

098.jpg

↑現在もオペラやコンサート、演劇などが上演されているそうです。1911年に建築されたそうなので、ちょうど築100年目。


途中にあった高級ホテル前の公園では、挙式予定のカップルが何組も写真の前撮りをしていました。幸せそうな2人の姿を思わずパチリ。

094.jpg

096.jpg


↓オーダ―メイドス―ツの店先のマネキン人形

097.jpg



・・・なんか違和感あるんやけどなぁ~と思ったら、服装がバッチリ決まってるのに足元がサミシいからだと気づきました。笑

また、ある店先の大きな看板、こちらも何か違和感が・・・

101.jpg

そうか、現在のニコラスケイジはもっと髪の毛が薄くなってるとおもうんだけど…フサフサだからちょっと違和感。かなり古い看板なんかな?

街中を歩く子供たちは、私たちが話したルールをしっかり守ってくれています。
「おばちゃんとかがおかしくれそうになっても、うけとったらいかんのやんな~?」→お菓子や帽子などを売っているおばちゃんたち、強引な人は子供たちに対して売物を差し出してくるから気を付けないといけません。笑
日差しがきつかったので、帽子やサングラスを売る人たちがたくさんいました。
  

がんばってたくさん歩いた後は、楽しい昼ご飯タイム。
レストランを見つけて入ってみたのですが、昼時になると地元のお客さんでいっぱいになってました。けっこう人気のある店だったのかな?少し早い時間帯に入店しといて正解だったわ~
ソフトシェルクラブの唐揚げや生春巻き、野菜炒めなどを食べましたが、ソフトシェルクラブが美味しくて(ちょっと値段はしますが)子どもたちも大喜びでした。


そして午後からはバンメトート行きの飛行機に乗るために飛行場へ移動です。

093.jpg

ホテルスタッフの1人の人が子どもたちの相手をいつもしてくれていたのですが、『今日帰るのか・・・。』と寂しそうにしてました。名残惜しいのか、子ども達もお兄さんにからみついて遊んでいます。記念に写真を撮ってホテルを出発した私たちでしたが、長女は帰国後に「ベトナムのホテルのおにいさんとけっこんしたいな~。」という発言を繰り返していました。笑


空港では、あまりやる気の見られないベトナム航空スタッフの対応に待たされて、最後には時間がない中バタバタと搭乗することになりました。機内はベトナム人ばかりで、小さな子供をつれた日本人一家はかなり浮いていましたよ~。笑


飛行機は1時間10分ほどで無事にバンメトートに到着。
バンメトートは標高500~1,000メートルの高原で、ベトナム戦争中はアメリカとサイゴン政府軍の戦略拠点だった場所です。ガイドブックによると、革命勢力による1975年の南部解放作戦はこの都市の攻略から始まったそうです。街の人口の約4割がエデ族などの少数民族ですが、街中に住むエデ族は民族衣装ではなく現在は普通の格好をしている人も多いとか。

しかし、郊外には現在も伝統的な暮らしをしている少数民族の村が点在しており、山中にはゾウやトラなどの野生動物が生息しているそうです。まだ外国人観光客があまり訪れないからか、とても静かで落ち着いた街でした。

今晩の宿は、ネットで予約できる数少ないホテルの中から選んだエコノミーホテルのトリプルルーム。
1泊14ドルほどで格安だったのはいいのですが、案内されると窓のない部屋でした~。でも、1泊だけだから良しとしましょう。(まあ、他にも難点はあったのですがそれはのちほど・・・。)


ホテルの隣がツアーオフィスだったので、まずは明日の予約をしにオフィスへ出かけました。
明日は、郊外のブオンドン村に1泊2日で出かけようかと考えていたのです。バンメトートから45キロほどのこの村は、野生のゾウを捕まえて飼いならす人たちが住む村で有名だそうなのです。エデ族とムオン族の他に、ラオ族、ザライ族といろんな民族が共存する村なのですが、村のバンガローに1泊する予約とエレファントライディングの予約をしておきました。


その後市場をぶらつき、近所の屋台で「ネム ヌォン」という料理を食いただきました。
野菜、お肉、春雨、などが皿に盛られてでてきて、生春巻きの皮でそれらを自分で巻いて食べます。ベトナムではつたないいわなのベトナム語と英語でやり取りをしていますが、あまり英語の通じないこの街ではいわなのベトナム語が強い味方になりました。(あまり通じてはいないのですが・・・。)でも、よくあるのがこちらが頼んだことがちゃんと相手に伝わらず、全然違うものがでてくるという展開です。(1日目のアヒルのゆで卵のように。笑)

この店では、いわなが子どもたち用に「冷たいお茶3つ」と頼んでくれたのですが、お姉さんが持ってきてくれたのは3本の「RED bull レッドブル」という栄養ドリンク(エナジードリンクとの記載あり)。

なんでお茶を頼んだのに、レッドブルなんよ!!(苦笑)あわてて訂正し、無事にお茶をもらうことができましたが、頼まれた方もそれはおかしいと思わなかったのかしら?笑
その後、帰りに道端で売っていた豚まんを買ってからホテルに帰りました。(ちょっと甘い香りのする豚まんでした。)

108.jpg


この日泊まった部屋は、子どもたちにより「ありんこもじゃもじゃのへや」と命名されることに。。。
到着したとき、洗面所付近に数匹の小さなアリが歩いていたので「古いからひび割れた部分とかからアリが入ってきてるのかな?あまりここに物はおいておかないようにしなきゃ。」と思ったのですが、翌日の朝にテーブルの上に置いていた食べかけのお菓子の袋にアリが大量にたかっていてびっくり!!一体どこからこんなにたくさん?というかんじでした。まあ、これもいい思い出ですな。(苦笑)あまり動じなかった我が家の子供たちにも、たいしたもんだな~と関心させられました。こうして、3日目も終わったのです。

| 続☆しかのにっきホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shikano.blog62.fc2.com/tb.php/658-58d14399
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。