FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム旅行☆6日目


今日の深夜便で帰国予定のいわな家。最終日はホ―チミンで過ごします。

朝になって今日どこに行くかをいわなと相談し、地元の遊園地に遊びに行くことにしました。


ダムセン公園という場所にあるこの遊園地まではどうやらバスで行けるそう。
ホテルのフロントの人には地元に詳しくないならバスよりタクシーで行った方がいいと薦められましたが、ベンタイン市場前のバスタ―ミナルから出ている11番のダムセン公園行きバスで終点まで行けばはいいので、バス乗り場とバスさえ見つけられたらあとは簡単でした。しかもエアコン付きのきれいなバスで、運賃も大人4000ドン16円くらいと運賃も安いんです!すいている車内にゆっくり座り30分ほどの快適なバスの旅を満喫し、ほどなく遊園地に到着!フリーパスチケットもあるようですが、私たちは入場のみのチケットを購入(大人45000ドン180円くらい、子ども30000ドン120円くらい)しました。

日曜なので、園内は地元の家族連れで賑わっていましたよ~。しかもかなり敷地が広い~!私たちは一部しかまわれませんでした。

↓キャラクターの着ぐるみ発見!何かの昆虫かな?

251.jpg


ステージで子どもたちのダンスが始まったので少し座って見てみることにしました。
ちびっこたちのかわいいダンスがあり、おじさんの手品ショーがあり・・・
続いて登場したのは怪しげな衣装のMCのお兄さんです。『ちびっこ、集まれ~!』的な声がけのあと、観客席からたくさんの子どもたちが出てきてステージに上がり始めたので、『みんなみたいに行ってきたら?』と長女に声をかけると・・・ニコニコでステージに走っていくではありませんか意外と度胸のある姿にびっくりさせられました
私が5歳の頃なら、恥ずかしがって行けないだろうなぁ~。

256-1.jpg
 
↑黄色い☆が長女。度胸あるなぁ・・・。

しゃべりまくるMCのお兄さんは、その場にベトナム語も分からない日本人がいたなんて気付いてないはず。何人かの子どもがインタビューされてたので、長女に話しかけたらどうしようとこちらはドキドキでした。
子どもたちはお兄さんと楽しく音楽に合わせて体を動かし、最後にお土産のスナック菓子と風船を受け取って解散。ステージ上での体験を楽しんだようで満足げに戻ってきた長女ですが、私は積極的なその一面を新鮮に感じました。


園内には小さな子も楽しめる乗り物がいろいろあり、ゴ―カ―トやジェットコ―スタ―、コーヒ―カップのような乗り物などをその都度チケットを買いながら楽しみました。乗り物チケットは10000ドン(40円くらい)から20000ドン(80円くらい)だったかな?若干古そうな乗り物もあり違う意味でドキドキ不安を感じたりもしました(苦笑)が、手頃な値段でたくさん遊べてよかった~

282.jpg

↑道端で飴細工を作るお兄さんを発見し、子どもたちはその技に魅了され釘付けになってました。

285.jpg

↑ベトナムらしくてかわいい!水牛をつくっていました。
日本でもお祭りなどでみかけるこの飴細工ですが、日本の飴細工の歴史は、中国から来た職人が京都に住み町で売ったことから技術が伝来し、1800年頃には良質の水飴がベトナムで作られて関西方面で広まったともいわれているそうです。


写真撮影にちょうどいいスポットやオブジェもいたるところにありましたが・・・

↓なぜかゴキブリのオブジェとか

273-1.jpg

↓101匹のわんちゃんっぽいけどなぜかみんな眉毛のあるダルメシアンとか

296.jpg

思わず笑ってしまうようなものもあり楽しかったです。笑

298.jpg
↑ステージで歌っていたお姉さん4人組

299.jpg
↑昼食に食べた麺のセット。


園内には土産物屋さんもあり、手作り風の雑貨などが売られていたのですがここでなかなか良い買い物をすることができました♪すべてに値札がついていて、ベトナム人と同じ値段で商品が買えるこのお店。私は木製のオブジェをお土産用に購入しましたが、ホーチミン市内の土産物屋では同じものが3倍の値段で売られていました~。(まあ店の人の最初の言い値が遊園地の3倍の値段だったので、交渉の腕次第では安くなるはず。)

115-1.jpg
↑ちょっと迷惑なくらいの近距離でお兄さんを観察する長女と次女。笑
土産物屋に無地の置物が売られておりそれを購入して自分で絵付けできるのですが、絵付けの最中のお兄さんを娘たちが観察しまくってました。。。


最後に、足でペダルを漕いで進むボートに乗って楽しみました。

303.jpg
308.jpg

今回は見て回れませんでしたが、園内にはワニ釣りできる池とかもあるとか?また、遊園地の隣には、プールがあって楽しそうな声が聞こえてきていました。双子の昼寝の時間もあったので昼過ぎにはホテルに戻りましたが、ホーチミンのパラダイスを発見!できた楽しい一日でした☆


午後からは、ホーチミン市内を散策して有名な老舗のアイスクリーム・パーラー「ケム・バクダン」でアイスクリームを食べたり、お土産物を買ったりして過ごしました。

312-1.jpg
↑アイスを前にご満悦の息子。私が10年前にホーチミンを訪れた際、ここの「爆弾アイス」を食べるのを楽しみにしていたのですが、旅の途中でお腹を壊してしまって残念ながら来ることができなかった・・・という過去があったので、今回は実現できてよかったです!

夕食は「バインセオ」で有名なお店に行ってきました。「バインセオ」とは、ベトナム風五目お好み焼きというかんじの料理。お店は地元のお客さんと観光客でとっても繁盛していました。

315.jpg

店員さんはテキパキと忙しそうに働いていました。「ベトナムで唯一、テキパキと働く男の人の見られる店やな。」といわながつぶやいていました。笑

316.jpg
↑バインセオを4つ頼みましたが、けっこう大きくてボリュームがありました!!タレに少しずつつけていただきます。皮がパリッパリですごくおいしかった~!!


そして、夜はいよいよ帰国です。
ホテルでシャワーを浴びた後、うとうとし始めてしまった子供たちを午後9時半ごろに起こしてタクシーで空港に向かったのですが、眠たい子供たちは号泣&ぐずぐず。タクシーの車内でまたうとうとしたので、空港についたときも号泣&ぐずぐず。0時過ぎに搭乗するときには目も覚めて元気になっていましたが、深夜便ということで子供たちには可哀そうなことをしました。。。
そして翌日7時過ぎに無事に関空に到着した私たちでした。

観光地をまわるというより、独自の楽しみ方でベトナムを満喫した今回の家族旅行。
子供たちがしっかり歩いてがんばってくれたおかげで、とっても楽しい旅になりました♪

| 続☆しかのにっきホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shikano.blog62.fc2.com/tb.php/661-9fbd8594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。