スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お兄ちゃんだもん


長女が小学校に入学して1か月。

生活のリズムも大分整ってきました。


放課後は民間の学童に通っている長女。学童までの行きかえりはバスなのですが、帰りは夕方6時半過ぎに保育園前にバスが到着するので保育園までお迎えに行っています。


双子のお迎えも長女と一緒に・・・と考えていたのですが、3人を徒歩で連れて帰るとなると喧嘩が始まったりなかなか帰らなかったり、返っている途中も双子がチョロチョロして危なくって仕方ないんです。
なので今は、まず自転車で双子を迎えに行き、帰宅後に双子をいわな実家に預けてもう一度長女を迎えに保育園へ・・・と、保育園まで自転車で2往復しています。


先日のこと。
双子を保育園に迎えに行くのが遅くなり、帰宅後すぐに長女のお迎えに行かないと間に合わない時間になりました。いつもなら一緒に帰宅して双子を着替えさせてから実家に連れて行くのですが、その日はマンションのエレベーターに乗るところから実家まで双子だけで行かせることにしました。(エレベーターで上の階まで行き、実家の部屋を訪ねればいいだけなのですが。)


保育園から双子を乗せて帰る帰り道、「あのね、今日はもう時間がなくってすぐにねえねを迎えに行かなきゃならないから、エレベーターホールからは二人だけでばあばの家まで行ける?」と2人に話しかけると・・・

「うん。ってことは、いっちゃんがにこちゃんをまもらないかんってことやんな?」

といっちゃんが言うのです。思わず苦笑しちゃいました。



お兄ちゃんっぽい!
にこちゃんのことを守ってくれるんだ!
と嬉しくなった母です。

「そうだよ。いっちゃんがにこちゃんをまもってね!」
というと、「うん!!」と嬉しそうに答えるいっちゃんでした。


その後マンションについて二人を自転車から降ろすと、すぐにエレベーターのところまで走って行き、仲良くエレベーターに乗り込んでいました。(それからすぐにいわなのお母さんに電話し、2人だけでエレベータを使って実家に行った旨を伝えました。)

にしてもいっちゃんのあの一言。
なんだかとってもほんわかしました~。
しっかりと自分がお兄ちゃんだと自覚しているようです。(笑)

| 続☆しかのにっきホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shikano.blog62.fc2.com/tb.php/685-95ee448f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。