スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大自然でのキャンプ


いわな家のここ数年間のGW恒例行事、それは保津峡でのお父さんとのキャンプです。



一昨年はいわなと長女が出掛け、昨年はいわなといっちゃんが出掛けたこのキャンプ、(私は子どもたちが生まれる前に一緒にキャンプをしました)まだ未体験なのはにこちゃんのみとなったのですが・・・今年はいわな実家に帰省中の6年生の姪っこと長女も行きたいという話になり、希望者が多数出ました。


じゃあ…ということで、今年のキャンプはGWと私の休みが重なっている日とその翌日という日程にして、私と息子いっちゃんも初日だけ参加し、BBQを楽しんで夕方には二人だけ帰宅という計画にしたんです♪



キャンプ当日までの間、経験者のいっちゃんが、まだ未経験のにこちゃんに向かって、「あのな、キャンプはむしがいっぱいいてるけど、にこちゃんだいじょうぶ?こわくない?」と先輩風をふかせているのを聞いて、思わず笑ってしまいました。

おまけににこちゃんが、「あのなぁ、キャンプいったらなぁ、うんちどこでしてもいいねんで~。だってうんちはなぁ、またつちのえいようになんねんで。」と得意気に教えてくれるではありませんか。
誰がそんなことをにこちゃんに吹き込んだのやら…
「どこでしてもいい」んじゃなくて、正しくは、「トイレがないからその辺でしないといけない」なんだけどなぁ。。。

この情報もきっといっちゃんか長女が吹き込んだのでしょう…まぁ、こんなかんじで子どもたちみんながその日を楽しみにしていたんです。



マイカーのないいわな家の交通手段はもちろん電車です。テント、寝袋、水、焼き網、炭、BBQの食材といわなのお母さんが用意してくれたおにぎり、朝食用のパンなどを詰め込んだ大きなリュックを持ってしゅっぱ~つ

雨が心配でしたが、お天気は曇りで暑すぎず寒すぎずのちょうどいい天気でした♪


嵐山からトロッコ列車にのって保津峡まで行くのですが、トロッコ列車の車掌さんのアナウンスがとっても面白かった~。発車前に「ではここで1曲。」といきなり歌を披露してくれたり、乗車中も「はい、とぉくべつサ―ビスですよ~」と名所や景観の素晴らしいところでトロッコを一時停車させて解説してくれるんです。電車好きのいっちゃんも喜んでました。


DSC_0078キャンプ1

↑特別サービスで停車してくれたポイントから撮影した写真。笑


そしていよいよ、トロッコを降りて少し移動し保津川の河原に到着。
河原にテントを張ったあとは、焚き火に使う木を集めるところからスタートです。


DSC_0086キャンプ2

↑遠くから、いわなが大きな木を担いで戻ってきました。笑

↓みんなでたくさんの枯れ木を集め、いわなが火をおこしてくれました。

DSC_0089キャンプ4





河原には私たちの他には誰もおらず、近くのハイキングコ―スを行く人たちがたまに通るくらいです。時々、対岸の山から猿の鳴き声が聞こえてきて、本当に大自然のなかなんだなぁと実感しちゃいました


炭に火がつくまでのあいだ、先にをいただき、火がついてからは焼き網をおいて食材を焼き始めます。火があるうちにとりあえず焼けるだけ焼いて、食べきれないものはその日の夕食にとっておきました。



周りに何もない大自然のなかなので、トイレは茂みの中です。(苦笑)。途中、長女とにこちゃんが「うんち~」と言い出しましたが、それぞれに場所を見つけてしてきてました


DSC_0083キャンプ3

↑子供たちも川に大喜び。


手が汚れたら川の流れで手をすすぎ、ウィンナーを子供が落としてしまったらいわながそのウィンナーを川ですすいで「はい」と差し出し・・・そのうち、使った紙皿も川で洗ってまた再利用・・・と、かなりワイルドなBBQでしたが、いわな家はまぁこういうのでも平気です。(苦笑)


食後におやつも食べ、ひと段落した午後2時半ごろ。
私といっちゃんの2人はそろそろ帰宅することにしました。


みんながトロッコ列車の駅まで送ってくれるというので、河原から一緒に駅まで移動していたその時・・・・河原からすぐのハイキングコース脇に立つ「火の用心」の立て看板の足元に大きなを発見!

・・・・。
どう見ても、さっきしたところ、というかんじのこのブツ。。。

だれだ~!?こんな目立つ場所にうんちをしちゃった人は!!(苦笑)


犯人はなんと長女でした~。
繁みの中の見えないところで・・・と伝えただけで、場所の選択は子供たち自身に任せてトイレに行かせたのが間違いだった。。。監督不足です。


おいおい。。。と、トロッコの駅まで向かっていたら、大きな音楽が聞こえてきました。
あれは確かトロッコ列車が駅に着いた時の合図の音のはず。。。でも、まだ駅までは距離があってとても間に合いそうにはありません。


そう、計画性のない私たちは帰りのトロッコ列車の時間を確認し忘れていたのです・・・。
一台の列車がピストンで運転しているこのトロッコ列車、次の列車はなんと1時間後でした~。
まぁ、その間は駅にいた車掌さんとおしゃべりしたり、いっちゃんとゆっくり過ごしたので楽しかったんですけどね。


たった一日のBBQでしたが、とっても充実した時間が過ごせました♪(いろいろびっくりさせられることなどもありましたが。。。)



テントに泊まった子供たちもたのしかったみたいです。
夜は焚火を囲んで、木の枝に刺したマシュマロを火であぶって食べたりしたのだとか。ただ、残念なことに翌朝は雨が降っていたそうで、テント内で過ごしたという話でした。


関東の都会から帰省していた姪っ子にとっては、なかなか楽しい大自然での体験ができたのではないでしょうか?これも、いわなのおかげです。だってアウトドアが苦手でお父さんが何も出来なかったら、こんなワイルドなキャンプは実現しないですもんねぇ。自然の中でのこういう経験、やっぱり大事だなぁ~。子供たちにはもっともっといろんな体験をさせてあげたいな~と思ったGWでした♪

| 続☆しかのにっきホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shikano.blog62.fc2.com/tb.php/686-8aebe097
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。