FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国旅行☆4日目


今日はいよいよ韓国最終日。

4日目も6時起きで家族みんなで近所のチムジルバン(銭湯)に向かい、ほっこりと温まったいわな家でした。笑

チムジルバンも2日目で勝手がわかってきたので、のんびりしてきました。前日は長女と次女と一緒にお風呂に入りましたが、今日は長女と長男と一緒です。今日もお風呂はおばちゃんたちでいっぱい!時々小さな子供連れの人もいて、何やら韓国語で話しかけてきてくれました。どうやら子供たちの歳を聞いているようだったので、韓国語で覚えたそれぞれの年齢を伝えると、ふんふん、とうなずいて「この子ら、4歳と6歳だってよ」みたいに周りの人に話しているおばちゃんたち。ちょっとだけ国際交流もできた?チムジルバンでした。


そして今朝のゲストハウスの朝食メニューは、白ごはんと韓国のり、豆腐チゲスープ、バナナです。
実は・・・今朝、息子いっちゃんがちょっとだけおねしょをしてしまう(!)というハプニングがあったのですが、オーナーのお母さんは優しく対応してくれ、お布団を干してくれました~。すみません

いつもオーナーと一緒に飼い犬の小型犬2匹もゲストハウスにやってくるのですが、最終日の今日はたくさんなでさせてもらい、一緒に写真を撮ったりしてすごしました♪かわいかったな~♪♪♪

ゲストハウス1

↑ゲストハウスの玄関にて。


そして、今日は韓国の伝統家屋の韓屋(韓国固有の建築様式でオンドルと棟を備えた独特な構造)が残る北村(ブッチョン)という地区を散策しに出かけました。最寄駅は地下鉄3号線安国駅。

↓地下鉄の地下道にて。高麗人参の匂いがする一画があり、鼻をつまんで歩く双子いっちゃん&にこちゃん。

駅

駅からは徒歩です。けっこう激しい坂道がありましたが、午後からそのまま空港に向かう予定の私たちは大きなスーツケースを持っての移動。ゴロゴロ~っといわながスーツケースを押してくれました。笑


ここ北村は、李朝時代に朝廷で地位の高い官吏や王族が居住する高級住居地だったそうです。昔はたくさんあった趣のある韓屋も一時期激減したのですが、今は北村韓屋村を守り整備しようとする新しい動きがあり、観光客もたくさん訪れていました。

北村1

↑趣のある門の前で、ハイポーズ!


北村3

↑大きな柿の木から、家の人が柿の実を落として収穫していました。
それに気づかず、道端に落ちている柿を見つけて「うわ!!かきや~!!」と駆け寄って拾おうとした子供たち。。。

「あ、だめだよ~!」と注意しようとしたら、通りかかった近所のおばちゃんに韓国語で速攻叱られていました。。。苦笑

また北村には、宮廷料理、漆工房、織物工房、伝統染め、メドゥ(装飾用の組みひも)、民画、お守りなど伝統文化を守り続けている人たちが多数存在し、施設を見学することもできるようです。


北村2

↑狭い路地の両脇に立ち並ぶ韓屋。向こうには、ソウル中心部のソウルタワーが見えました。


その後、近くにあったお店でキンパッ(韓国風海苔巻)や、かぼちゃの粥、石焼ビビンバなどの昼食をとり、タクシーで空港へ。


こうして、無事に終わった今回の韓国旅行。子供たちが順番に機嫌を損ねてぐずるのに振り回され、大人はお疲れモードでの帰国となりましたが、時差もなく気軽に行ける韓国への旅は国内旅行感覚だな~と思いました♪ハングルの知識があれば、もっと快適に過ごせたんだろうな~。(案内や表記がハングルのみだと、まったく意味が分からず困ることが多かったので。笑)でも、楽しい旅でした☆

↓ソウル市内にて。まるでヒッチハイクのようにタクシーを止めようとする双子。(笑)
タクシー

| 続☆しかのにっきホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shikano.blog62.fc2.com/tb.php/703-46feecc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。