スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ええ!?あのマダニが!!


山などでマダニに咬まれたらことが原因で亡くなられた方のニュースが話題になったのは半年ほど前になるでしょうか?
実は、我が家の双子次女も先日このマダニに咬まれたのです!
山にトレッキングに出かけたりすることもないし、自分たちとはあまり関係ない話だなぁと考えていたので、本当にびっくりしました。

ある日の朝、次女が「なんか、みみがいたい」といって耳たぶの裏を指差したのが始まりでした。見てみると、5ミリ四方くらいの薄茶色のかさぶたのようなものがくっついています。とりあえず取ろうとしたのですが、なぜだか先っぽがくっついていて取れないんですよね。あまり引っ張っていたがってもかわいそうだし…と思っていたら、次女の耳たぶを見た双子息子が「おかあさん、これあしがあるからムシやで~。」と言い出すではありませんか!

「もう!ムシとかいうのはやめてよね^_^;~。」と息子をたしなめつつ、しゃがんでじーっとそのかさぶたをよく見てみたら…うわ?本当に小さな足のようなものがかさぶたに添わせたようについている!

頭が真っ白になるくらい、動揺しました。耳たぶにくっついているのはかさぶたじゃなくて何かのムシで、しかも引っ張っても取れないくらい喰らい付いている…ってこと?
見たことのないムシだけど、これがあのマダニだったらどうしよう…?確か無理矢理取ると体の一部が皮膚に残るからダメだって新聞で読んだ気がする。。。

その日は子供達と遊びに出かける予定でしたが急遽予定変更?タクシーで慌てて長女と双子息子も連れて、総合病院の皮膚科に駆け込みました。本人はその後特に痛みもないらしく、ケロっとしてましたがこちらは気持ち悪いだろうに…とオロオロ

病院ですぐに診察してもらえたのですが、「ああー、マダニですね。」と先生に言われて、「やはりそうなのかー(*_*)」と衝撃を受けましたよ。「今年はマダニに咬まれて病院にくる患者さんが多い」と先生も言ってました。マダニは数日間かけて血を吸うそうで、次女にくっついていたマダニは血を吸って大きくなった状態だったようです。ほんとはもっと小さいんでしょうね?。
刺されても痛みや痒みがなく、気づかないことが多いのだとか。今回はたまたま次女が患部を触ったかなにかした際に痛みを感じたので、気づくことができました。

「最近山に行きましたか?」と先生に聞かれましたが、前日は映画を見に出かけ、その前の日は百貨店に出かけていた子供たち。一体どこから連れ帰って来たのか、不思議です(´・_・`)。
次女はすぐに血液検査をし(初めての採血でしたが泣かなかった次女。頑張ったね!)、午後から麻酔の注射をしてマダニを切除することになりました^_^;。

看護師さんから、「お昼ごはんは早めに食べておいてくださいね。子供さんによっては麻酔注射の際に泣き叫んでもどしてしまうこともあるので…。」と聞かされ、ちょっとドキドキで子供達と昼食を取り、いよいよプチ手術の時間。
暴れないように、とタオルケットで巻かれた状態で耳たぶに麻酔の注射をされた次女でしたが、この時もなんの言葉も発せず(根性!というかんじ。めっちゃ痛かったと思いますが、よく我慢しました~。)、無事に切除も完了。(メスを入れたので、少し縫いました。)

やはり、マダニに刺された時は無理に取ろうとせずにすぐ病院で診察を受けるのがいいようですね。マダニは皮膚の奥深くまで口を刺して吸血してるので、無理矢理剥がそうとするとマダニの体の一部が皮膚に残りニ次感染を起こす可能性があるそうです。また、マダニを媒体としてSFTSウィルスに感染し、SFTS(重症熱唱性血小板減少症候群)で死亡するケースもあるのが怖いところ。マダニに咬まれたら必ずウィルスに感染するわけではなく、ウィルスを保有しているマダニに咬まれると感染するそうですが、どちらにしても咬まれないよう予防しないといけませんよね。キャンプや登山、農作業ではなるべく肌を露出しないようにし、草むらなどに座る時も直接ではなくビニールシートなどを敷くなどが予防策の一つだそうです。

その後わかったのですが、次女は前日甥っ子と一緒に道端のネコジャラシの草を取っては互いに草で身体をくすぐりあったりして遊んでいたようなので、もしかしたらその時にマダニがくっついたのかも…。普段の生活の中でも、マダニに咬まれる可能性があるなんて知りませんでした。子供達は草むらで虫取りしたりするのも好きですし、これからも外遊びのあとは気をつけて身体を見ておかないとなぁ。

にしても、今回の功労者は双子息子いっちゃんです!いっちゃんのムシ発言がなかったら、耳たぶ裏にかさぶたがついてるとしか思わなかっただろうし、無理矢理取ってしまってただろうなぁ。。。そう考えると恐ろしい。
いっちゃんのおかげで、マダニを発見でき、無事に対処できました

みなさんも、外遊び、アウトドアを楽しむ時にはマダニに気をつけてくださいね




| 続☆しかのにっきホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shikano.blog62.fc2.com/tb.php/715-47ca7f6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。